相続の承認と放棄について記事を投稿させていただきますので、ご参考までに宜しくお願い致します。

ココがポイント!円満に解決したい遺産相続
CONTENTSココがポイント!円満に解決したい遺産相続
ココがポイント!円満に解決したい遺産相続

相続の承認と放棄について

ココがポイント!円満に解決したい遺産相続
相続の承認と放棄について記事を投稿させていただきますので、ご参考までに宜しくお願い致します。相続人は、単純承認、限定承認、相続放棄のいずれかを選択しなければなりません。単純承認とは、相続が借入金など負の財産も含めて無条件に相続人に継承されることをいいます。相続の開始があったことを知った日から3か月以内に、相続放棄や限定承認を行わなかった場合、相続財産を処分したり隠したりした場合には単純承認したものと見なされるようになっています。

限定承認についてですが、限定承認とは、被相続人の財産のうち相続人が継承するプラスの財産の範囲で、債務などマイナス財産を負担することをいいます。限定承認を行う場合には、相続の開始があったことを知った時から3か月以内に、家庭裁判所に相続人全員で申述しなければなりません。一度限定承認を行った後には、撤回することはできません。相続放棄についてですが、すべての相続財産を継承しないことを相続放棄といいます。相続放棄を行う場合には、相続の開始があったことを知った時から3か月以内に家庭裁判所に申述しなければなりません。

相続開始前には相続放棄を行うことができません。一度、相続放棄をした後には、これを撤回することはできません。なお、相続放棄は相続人一人で行うことも可能となっています。相続放棄が発生した場合には、その相続人に代襲相続は発生しません。尚、代襲相続とは、相続が開始したときに相続人がすでに死亡している場合に、その者の子に相続権が移ることを言います。

Copyright (C)2018ココがポイント!円満に解決したい遺産相続.All rights reserved.