相続人は、債務超過があった場合には、一定の時期までに相続放棄をすることによりその負担を回避することができます。

ココがポイント!円満に解決したい遺産相続
CONTENTSココがポイント!円満に解決したい遺産相続
ココがポイント!円満に解決したい遺産相続

相続の承認と放棄の手続き

ココがポイント!円満に解決したい遺産相続
被相続人が死亡すると相続が開始します。相続人は、その後、遺産の分割をしていくことになります。被相続人がすべての財産の明細をきっちり残してくれている場合は非常に財産確定の作業が楽になりますが、実際にはそういう例は多くありません。被相続人が残した財産を、預金通帳や請求書、証券会社の取引報告書、借用書などから確定していきます。

そしてこれらのプラスの財産もマイナスの財産(借金など)も含めて一切合切を承継するのが通常の相続です。これを単純承認と呼んでいます。借金を含めて無制限に引き継ぐことになります。もし期限までにその他の方法を選択しなかった場合や、分割が確定するまでに残された財産の一部などを使ってしまった場合は、単純承認したものとみなされます。

ただし、そうすると借金が多い債務超過の被相続人だった場合は、相続人は大変な負担になります。そこで、借金が多い場合や、借金がありそうだが不明な場合などのために、限定承認という方法と放棄という方法が用意されています。両方ともに、相続の開始があったことを知った日から3か月以内に手続きをする必要があります。限定承認は、プラスの財産の範囲内でマイナスの財産を引き継ぐ方法です。最悪の場合でも、借金の負担をしなくてもいい、という方法です。また、放棄は、プラスの財産もマイナスの財産もすべて引き継がないちという方法です。放棄の場合の注意点は、放棄すると最初から相続人ではなかったものとみなされるという点です。

おすすめ記事

Copyright (C)2018ココがポイント!円満に解決したい遺産相続.All rights reserved.