相続の遺産分割の方法は、財産を指定しての現物分割の他に、代償分割、換価分割といった方法があります。

ココがポイント!円満に解決したい遺産相続
CONTENTSココがポイント!円満に解決したい遺産相続
ココがポイント!円満に解決したい遺産相続

相続の遺産分割の方法は現物分割、代償分割、換価分割

ココがポイント!円満に解決したい遺産相続
相続の遺産分割の場面において、相続人の頭を悩ませる問題に、相続分は何の争いもなくすんなり決まったが、その割合を実現するための具体的な財産の分け方が難しいということがあります。たとえば、子供が二人で配偶者という相続人の場合で、被相続人が残した財産は、自宅の土地と建物だけでした、という場合です。子供と配偶者は話しあって法定相続分通り、つまり配偶者2分の1、子供それぞれ4分の1づつで合意しようとしても、自宅を分けることができない、という現実に直面します。持分を共有にしてもいいのですが、それでは、実際にその家に住む人とそうでない人で実質的な価値が変わってしまいますし、時の経過とともにそれ以外の問題が起きる可能性があるのでおすすめできません。

そういった場合に考えられるのが代償分割と換価分割です。代償分割とは、さきほどの例だと、配偶者が土地と建物をすべて相続し、配偶者固有の財産を子供二人に渡すという方法です。これを相続の遺産分割の方法として行えば、子供に渡した財産は贈与とは見られないことになっています。しかし、この方法は、この例でいう配偶者がある程度固有の財産を持っていないと使えません。

そこで、換価分割という方法もあります。これは、家と土地を売ってしまいお金に換金して、その換金したお金を法定相続分などで分割する、という方法です。これも相続における遺産分割としてこの方法う、と宣言して行うことが大切です。この方法はとても良さそうですが、問題点としては、その自宅に配偶者などが住み続ける必要がある場合などは使えないということがあります。

おすすめ記事

Copyright (C)2018ココがポイント!円満に解決したい遺産相続.All rights reserved.