相続については、生前から専門家に相談して遺言書を残しておく事で、トラブルになることを防ぐことができます。

ココがポイント!円満に解決したい遺産相続
CONTENTSココがポイント!円満に解決したい遺産相続
ココがポイント!円満に解決したい遺産相続

相続については専門家に相談することがお勧め

ココがポイント!円満に解決したい遺産相続
相続トラブルを避けるために必要な事として、遺言書があるという事は多くの方が知っていますが、それをどのような形でどのように書くのかは、詳しくは知らないといった人も多くいます。遺言には、法律で厳格な方式が決められています。その方式が間違っている場合、無効となってしまいますので注意が必要です。それに、遺言の内容によってはかえってトラブルが生じてしまう原因となってしまうこともあります。

遺言書を作成する場合は、やはり専門家に相談したほうが確実です。遺言によって相続に効力が生じても、特定の不動産を承けとる人が移転登記手続きを行う際や、遺産の預貯金の払い戻しなどの手続きのためには、相続人全員の承諾、協力が必要となってきます。相続人のうちの誰か一人でも、協力してもらえない場合は、手続きがなかなか進むことができません。身内での遺産のトラブルで、裁判沙汰になってしまうこともよくある話です。

遺言者の亡くなった後に、代理人の立場で遺言の内容の実現に向けて手続きをおこなう人を、遺言執行者というそうです。その人は、遺言の内容を遺言書を実現するために、適切な行為をする責任を負いますので、このような事務処理ができる人を選ばなくてはなりません。遺言者は、遺言で自由に遺言執行者を指定できるそうです。難しい決まりなどもありますから、専門の方に相談して遺言書を残しておくことはとても大切です。トラブルを防ぐための遺言書で、かえってトラブルが起きてしまわないように注意しましょう。

Copyright (C)2018ココがポイント!円満に解決したい遺産相続.All rights reserved.