個人的な感情や状況だけでは解決しない相続のよくあるトラブルのケースと法定相続人の順位の説明です。

ココがポイント!円満に解決したい遺産相続
CONTENTSココがポイント!円満に解決したい遺産相続
ココがポイント!円満に解決したい遺産相続

好むと好まざるとにかかわらず相続は発生します

ココがポイント!円満に解決したい遺産相続
親兄弟、家庭を持つ人なら誰にでも相続の事を考えざる得ない時がやってきます。多く資産がない場合でもそうで、むしろ多く資産のある場合は分けることが出来ますが、問題なのは亡くなった人に特別な財産がなく、住んでいた家が唯一の資産だったりする時です。子供が3人いて、同居していたり、仲が悪かったり、長い間疎遠だったり、人の人生はいろんな事柄がありますが、親が亡くなり家という財産が一つある場合は3人の子供と母親に相続が発生します。一つの物をめぐりどのようにわけるかの話し合いが持たれることになります。

法律では相続できる優先順位が定められていて、それは貢献したしなかったや仲が良い悪いには関係ありません。第1順位は実子(いわゆる外でできた非嫡出子も同じ)養子、孫、ひ孫です。第2順位は子供がいない時はさかのぼり父母へ、父母がいない時は祖父母にいきます。第3順位は兄弟姉妹とその子供です。亡くなった親が仲の良かった遠い親戚と長年同居していたとしても、同居していない、疎遠な実子に相続の優先権利があるのです。

法定相続人は法で定められていますから、例え遺言書に仲の悪い息子に一円もやらないと書いても、犬神家の一族のように一人の娘だけにやると書いても、法定相続人はその定められた範囲の財産をもらうことができます。反対に1軒しかない財産の家を全て面倒を見てくれた長男にあげるとを遺言しても、わけないといけないのです。亡くなった人の意見を尊重する為の遺言などの方法がありますが、少ないものを分ける事は、特に身近な肉親間では大変な心労になることが多いです。

おすすめ記事

Copyright (C)2018ココがポイント!円満に解決したい遺産相続.All rights reserved.